屋敷・館内

屋敷 館内

photo_02

ホールレイアウト図

ホールレイアウト図

杜の縁結び観音

kannon

縁結び観音のいわれ

いつのころか、しょうやの杜に澄ました顔の観音様佇んでいる。この観音様を先代夫婦が大切にしていました。
先代は明治生まれ、高校の教員を退職後、市議を務めるなど地域発展に尽力、いわゆる地方の名士的存在でした。温厚で面倒見が良かったことから近郷近在からの仲人の依頼が引きも切さず沢山の縁談の仲立ちをした。
その妻の「きよ」も先代に負けず劣らずの世話好きで、今でも語り草だが、電車で同席した見ず知らずの青年に声かけして縁談まとめた逸話もある。その夫婦は今も仲むつまじく幸せな家庭を築いている。
とにかく独身と見れば声掛けして多くのカップルを誕生させた。
今と違い、スマホも合コンも無い時代ですから、世話焼きのおじさん、おばさん介したお見合いが主流ですね。
沢山の縁談をまとめることが出来たのは、先代夫婦と観音様のトライアングルあってのことと思います。
その観音様は薬壺を手にしていますが、もしかして惚れ薬でも入っていたのかも知れませんね(笑)

 

 

まるごと一軒 レンタル古民家 アイデア次第で何にでも

しょうやの杜は、430坪の敷地に佇む江戸時代の庄屋屋敷です。45帖のホールと和室、清潔で広いトイレと、ゆったりのシステムバス、IH式キッチンを備えたモダンな古民家です。

敷地も含めた丸ごと一棟貸しですので、ご家族や気の合った仲間と贅沢にお過ごしください。

すぐ隣に宿泊用の純日本家屋、離れ屋を備えていますから、たまにはご家族と離れて気の合った仲間とプチお泊りや、 ご親戚の来訪での宿泊にも便利です。